株の売買の始め方、買い注文にチャレンジ

株の売買を始めるには、まずは証券会社に口座を開きます。

証券会社は複数あります。

投資スタイルが定まっているなら、デイトレードで手数料のかからない会社や、信用取引の銘柄が多い会社、投資額が限られていれば、少額トレードの際の手数料が低く設定されている会社などに目星をつけていきます。

証券会社は一カ所だけに口座を開かないといけないということはありませんから、ツールの使い勝手を知るためにも、2か所以上に口座を持つのもいいでしょう。

手数料無料キャンペーンを行っている会社もあります。

口座を開設するには、今までの証券取引の経験や、積極的な取引を行うかどうかなどの質問事項に答えます。

信用取引は初心者や学生には開設が難しいのですが、買いだけで株式市場に生き残るのは簡単ではありませんし、資金が限られている時にはテコの力を発揮してくれるので、両方の取引ができるように、口座の開設をしていくのが良いでしょう。

口座が開設できたら、次ぎは投資用の資金を振り込みます。

どのくらいのお金があれば、株が始められますか?という質問がありますが、株を始めるのに決まった最低金額というものはありません。

銘柄によっては、数万円から参戦することができる銘柄もたくさんあります。

サラリーマンの投資家なら、最初は少ない金額からスタートして、給料の中から定期的に入金をしながら、投資額を増やしていくのも理想的です。

最初に買う株は、安定した企業である程度の富裕株があるところがいいでしょう。

最低単位を購入して、値動きを見ながら勉強してみるのがいいでしょう。

買い方には、成買いと指値買いがあります。

取引が成立することは約定といいます。